私はいない




私はいない

ども、心のよろず屋とくさんです。

前回ハートの目覚めを書いたばかりですが、今一度マインドの目覚めに関する大事なこと。

「私はいない」です。

私って誰?

皆さんは自分が誰かはわかってますよね?

私とは、この身体であり、心であり、想いであり、人によっては魂であったり、〇〇の生まれ変わりなの〜なんて方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

物心ついた時から、この身体と、この身体の中にある「心」や「想い」や「魂」が自分だと理解していると思います。

だから僕が、私はいないんですよって言っても、頭おかしいんじゃないの?って思っちゃいますよね(笑)

ところがですね…

本当に私っているんでしょうか?

ちょっと探してみませんか?

私はどこにいる?

では、皆さんちょっとお付き合いくださいね。

皆さんの考える私とはどこにいますか?

誰かの持ち物は、その人がいなくなっても、誰かの持ち物であることは変わりないですよね?

では、私の身体の持ち主はどこにいるのでしょうか?

そう質問すると、大抵は身体の中のどこかに私がいると仰る方が多いですが、それでは、あなたの身体の持ち主は、あなたの心ですか?想いですか?魂ですか?

よく考えて感じてみてください。

では、あなたの心や想いや魂は、どこにありますか?

胸のあたり?頭のあたり?それともお腹でしょうか?

ちょっと指で指してみてください。

指しましたか?

では、その胸や頭やお腹を指差して、私がここにいると言っているあなたは誰ですか?

私がここにいると言っているのに、その私を私だと言って指差している私がいると言うことは、私は二人いるのでしょうか?

ややこしっ(笑)

でもよく考えてみてくださいね!

私がここにいると言っているのに、私がここにいると言うのは、二人以上私がいなければ出来ないことだと言うのはお分りいただけますか?

そうです、私っていないんです。

思考は思考を見ることは出来ない

この様に、皆さんが常日頃「私だ」と言っている、この身体や心や魂というモノは、実はどこにもいないんですよね。

だって、私が私を見ることは出来ませんよね?

つまり、思考は思考を見る事が出来ないんです。

皆さんが「私」と思っている私は、思考のことですよね?

でも、私がその思考をしている間は、もう一つの思考が同時に存在することが出来ません。

ですから、私は「ここにいる」と言っている間は、「ここにいる私」は存在出来ないし、見ることももちろん出来ないんですね。

どうでしょう?納得いただけましたか?

じゃあ私って誰?

では、ここでまた、私とは誰なのかを考えてみましょう。

心は言うなれば感情ですよね?

これらは、現れては消えていくものです。

そして、身体はどうでしょう?

これも、生まれては朽ちていく存在であり、身体の感覚も現れては消えるものですよね?

想いや思考はどうでしょう?

これも、一見「私」の様に感じますし、永遠に続いている様な感覚がありますが、想いや思考もよく観察すると、現れては消えていくものです。

つまり、何一つ、私だと定義できる存在はいないんです。

では、私だと感じる原因はなんでしょうか?

気づいている存在

私たちは、何をしていても、何を感じていても、何を思っていても、それに気づいていますよね?

この私に「気づいている意識」と言うものが、実は本来の私たちなんです。

そして、変化するものを見ることが出来るのは、永遠なる常なる存在にしか出来ません。

これは、非二元やノンディアリティーでは、気づきの意識と言われていますが、私たちが何をしていても私たちはそれに気づいていて、それを体験していますよね?

この気づいている意識の感覚と、想いや思考が同一化すると、本来は気づきの意識としてある私たちの本質が、想いや思考といった、いわゆる「自我」と言う、個人としての肉体を持って、感情や思いを持った、「私」として存在していると勘違いしてしまいます。

これが分離といわれる状態であり、苦悩の始まりなんですね。

この「自我」から目覚めるのが、僕の言うマインドの悟りです。

つまり、視座の転換が起こった後、気づきの意識の方に寄り添い、今ここにある静寂や平安、幸福や愛を感じること。

そして、私がいないと言うことがわかると、今度は因果というものから解放されます。

この世界は、今この瞬間しかなく、私すらもいない、ただ現れては消えていくものでしかない。

そして、それに気づいている私がいる。

この目覚めが起こると、全ての思考による世界観が幻想であるとわかります。

生まれ変わりや、神や悪魔などといった、スピリチュアルな世界観が根こそぎ削ぎ落とされます。

「私たちは魂の学びのためにこの世に生まれて来た」というよくあるストーリーも幻想です。

ですから、輪廻からの解脱とも言えるのかもしれませんね(笑)

そして、ここからが新たな世界のスタートになりますが、それは『それ』と言うもの〜ハートの目覚め〜でも書きましたが、今後少しづつ更新していこうと思います。

と言うことで、今回は「私はいない』でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です