スクナヒコナの苦手




スクナヒコナの苦手

ども、癒しのよろず屋とくさんです。

今回はちょっといつもと違う内容で、呪いに関して書いて見ますね〜!

こういうオカルトっぽいの好きな人は好きですよね(笑)

僕も実は大好きです←

少彦名命(スクナヒコナ )

皆さん少彦名命ってご存知ですかね?

一寸法師のモデルになった日本の神様で、主に医療の神様として祀られています。

僕は指圧師でもあるのですが、昔の指圧の本には、神代の和歌にある、

『スクナヒコナの苦手にて、撫でれば落ちる毒の虫、押せばなくなる病の血潮』

と言う歌があって、昔から手当て療法は日本に存在していたと言うことが書いてありました。

今はこう言った和歌を知っている指圧師も少なくて、昔にあった手当て療法なんかも、今はレイキヒーリングみたいな印象なのかもしれませんね。

でも、大昔の薬師(医師)が、手当て療法をやっていた話を聞いたこともあるので、どこかで密かに伝承されているのかも?と思うと、なんかロマンを感じますよね(笑)

ヒーリングの世界では、スクナヒコナの苦手と言う手の形でやる人もいるみたいですが、これは実は呪いの世界でれっきとした呪法(お祓い)として存在しています。

効果の程は知りませんが、ご参考までに簡略化したものを書いて見ますね。

もし試すのでしたら、自己責任でお願いいたします(苦笑)

スクナヒコナのまじないのやり方

  1. まず受ける人が身を清めること。
  2. 招神(神むかえみたいなものです)する。
  3. 術者は右掌を上にして、指を伸ばし、人差し指の第一関節だけ曲げます。そして、この手は苦手なりと決めて、この苦手で撫でれば全ての症状や悪魔怨霊も退散し、病気苦痛もなくなると覚悟を決めます。
  4. そして、呪いの言葉を唱えながら、受ける人の患部や、事柄に対してであればその方向などに、静かに数回掌を撫で下ろします。
  5. 撫でおわったり、送神(神送りみたいなものです)する。

呪いの言葉は、

『この手は我が手にあらず、常世にいますくしの神、スクナヒコナの苦手なり、苦手をもってまじなえば、いかなる〇〇も消えずと言うことはなし』

この〇〇に病気や症状、事柄を入れる感じですね。

個人的には、スクナヒコナであれ、他のヒーリングや呪術なども、自分でやっていない感覚、大いなるものにお任せしている感覚が大切です。

自分の力でやっている感覚だと、自分のエネルギーを使うし、カルマを受けやすいです。

思うに、昔の人もそれがわかっていたから、スクナヒコナと言う神様にお願いして、やってもらいました〜みたいな感じの呪いになっているんでしょうね。

現代では、スクナヒコナのみならず、他の神様や仏や天使なども、人間の集合意識で概念化されてしまったものや、作り上げた存在というものも多いので、昔に比べるとその効果も微妙なのかな〜と個人的には考えています。

なので、現代においてはより抽象度の高い、大いなるものや、グレートスピリッツみたいなものにお任せしてしまうのが一番いいですよね。

おおっと、かなり今回はオカルトな内容になってしまいましたがいかがでしょうか?

なぜ今回はいつもと違う記事にしたかというと、僕自身が最近の治療の中で、触って揺すったり撫でるだけで、筋肉も緩むし、身体も整うようになってきたからなんですよね〜

そしたらなんだか少彦名命の和歌みたいだな〜って言うことを思い出したので、思わず書いてみました(笑)

近々有料モニターさんを募集するので、癒しのよろず屋のLINEにてお知らせいたします!

と言うことで、今回は指圧師や治療家にとっては、武道家にとっての香取と鹿島の神様みたいな立ち位置の、少彦名命(スクナヒコナ)のまじないについて書いて見ました〜!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

癒しのよろず屋のofficial LINE始めました!

ご相談やお問い合わせも、お友達に追加していただけると可能ですよ!

 

友だち追加

 

 

癒しのよろず屋 LEELA(きりん堂指圧治療院内併設)
TEL 047-483-5667
Mail  info@leela.fun
twitter https://twitter.com/leelatokusan
HP     https://leela.fun
LINE   http://nav.cx/3euyIVd
note https://note.mu/cocoronoyorozuya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です