普通がじゃダメな気がする




普通じゃダメな気がする

ども、心のよろず屋とくさんです。

今回は普通じゃダメな気がすると題してお送りします。

普通ってなんかネガティブな印象がありますよね〜

なんか足りてない感じ、不足している感じがしません?

だから、みんな何者かになりたくて努力しますよね。

そのままでOK?

よくスピリチュアルなメッセージで、「あなたはそのままで完璧で完全で愛されている存在なの」って言われても、実際にまだまだだと思っている自分からしてみたら、んなわけあるかい!なんもかんも足りてねーわ!って思っちゃいますよね(笑)

なので、以前の僕はこういったこと言う人が大っ嫌いでした←

これって実は注意が必要で、「なんの条件付けもない場合」と、「自分を明け渡している場合」には、この言葉ってすごく響くんですよね。

でも、自分に対してネガティブな条件付けがある場合と、自我が残っていて、中途半端に世界に自分を明け渡している場合では、意味合いが全く違います。

確かに僕らは、そのまんまで完璧であり、許されており、平安で静寂で、愛に溢れています。

でも、これを自我の視点から見ると、収入も少ないし、貯金もないし、仕事もまだちゃんと出来ないし、恋人もいないし、結婚も出来ないし、無い無いだらけなのに、んなわけあるかい!になるわけです。

根本的な恐れ

人類の根本的な恐れは、不足感と罪悪感と言われています。

例えば、目を閉じて想像してください。

宇宙は全てが私自身だと思った時の感覚と、

世界に私がいると思った時の感覚。

その感覚の違いを比べてみてください。

宇宙が全て私自身だと思った時は、なんか大きくて満ち足りた感じがしますよね?

でも、世界に私がいるって考えると、なんか広い世界に私が一人で佇んでいるような、ちっぽけな感じがしませんか?

非二元の世界観では、分離が苦悩を生むと言いますが、この世界に私がいると言う分離感覚が、なんかちっぽけで足りない感じ、つまり、不足感を生み出しているんですね。

これは、生まれて自我が形成されると、全ての人々にもれなく感じられる不足感、人類のプリセットされた最初の苦悩ともいえるかもしれません。

そして、足りない自分って、なんか悪い感じがしますよね?

これが罪悪感を生み出します。

これも不足感とセットで現れる最初の苦悩です。

不足を埋める

僕らはなにか不足している感じがすると、それを埋めたくなりますよね。

普通じゃないように、人よりも優秀でありたい、お金持ちでありたい、悪くありたい、面白くありたい、などのように、自分にはこれがある!みたいな、何かしらの個性を主張をしちゃいがちですよね。

今まで散々書いてきていますが、この根本的な不足感や罪悪感に、自分の心を抑圧したものが、同じように投影されていると言うのが、苦悩の本当のところなのかもしれませんね。

比較してしまう

僕も含め、皆さんも無意識に行なっていると思いますが、どうしても自分と人を比較してしまいますよね?

この差を見ると、どうしてもその人なりの価値判断が現れます。

あの人より私は背が高いから優っているとか、あの人は自分よりお金持ちだから負けたとか…

全て自分の投影の現れでしかないのですが、抑圧した感情や思いを知らなければ、この比べっこはずっと続きます。

満たされていればその状態であるうちは平安かもしれませんが、満たされていなければ、それは苦悩となって苦しめます。

勝ち組負け組なんて言葉もあるくらいですからね(笑)

それは本当でしょうか?

よく考えてみてくださいね。

上記の例でいうと、背が高いか低いかに、自分の価値判断がなければ、背が低かろうが高かろうが、なんとも思いませんよね?

そして、お金なんかはその価値基準が人により大きく違いますが、月収100万で高いと感じる人もいれば、実際に月収数百万以上でも、大して稼いでいないよという方もいらっしゃいますよね?

でも、生活できる分だけで幸せであれば、お金を過度に欲しがることおありませんし、人と比べることなんてしません。

逆に、お金持ちの方でお金が無くなる心配がない方にとっても、お金の価値は同じくそれほど重要ではないのかもしれません。

どちらも、この基準を決めているのは、自身の投影でしかありません。

この例はちょっと極端ですけど、普通という概念も人により違うし、投影がなければそのまんまでOKなんですよね。

今を感じてみる

例えば「過去」

これは、記憶であり、すでに今にはありませんから実は全く今の自分には関係がありません。

今それを体験することは出来ませんし、過去に苦しんでいるのは、それをつかんでいる抑圧や投影となります。

そして、「未来」

これは今までの経験からの、単なる予測や想像でしかありませんので「幻想」です。

つまり、過去も未来も、今の私たちにとっては、全く関係のないことなんですね。

でも、不足感を感じていると、今のこの〇〇が足りないのは、過去のあの経験のせいだ!とか、今こんな状況だから、きっと将来は〇〇になる!みたいな予測を現実に起こるように感じてしまいます。

でも、これって頭の中の想像でしかなくて、現実ではないんですよね。

だから、事実は「私は今〇〇だ」であって、過去の後悔や将来の不安は全て幻想です。

とりわけ、皆さんは将来のことに関して不安を感じる方も多いのですが、その来たるべき未来が来るときは今なんですよね。

将来のことは今体験出来ません。

体験するときは「今」です。

今、皆さんはどんな感じがしてますか?

ちょっと今を感じてみてください。

今、病気や様々な状況で苦しんでいる方もいらっしゃるかと思いますが、目を閉じてリラックスして、今この瞬間に佇んでみてください。

今この静寂に、本気で佇んでみてください。

今あなたは何か不足しているものがありますか?

今あなたを苦しめているのはありますか?

それも探してみてください。

ちょっと難しいですけど、今、この瞬間の静寂に身を任せていると、何も不足しているものも、罪悪感も感じない感覚が現れてきます。

そうしたら、その感覚に身を委ねてリラックスしましょう。

私生活の中でも、なるべくこの状態をキープ出来る様に心がけてみてください。

日常のちょっとしたホッとする瞬間が増えてくると思いますよ!

どんな風にやるのかもっと詳しくお知りになりたい方は、いつでもご相談ください。

と言うことで、今回は「普通じゃダメな気がする」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です